2017年5月28日日曜日

忖度が流行語大賞?

こんにちは。bloggerアメストです。

三菱UFJ信託銀行のCMで、信託と忖度を出演者が間違えるシーンが出てきます。今年の風情ですが、こんな言葉が流行語大賞取ったりするのは、ちょっと勘弁だなぁ。市場の個人投資家のことをもっと忖度して欲しいもんだ。

2017年5月27日土曜日

育てパンプキン

こんにちは。bloggerアメストです。

最近、配当再投資生活も安定してきました。給料も入ってきたので定期投資しますがどこにしようか迷いますね。コカコーラかゼネラルエレクトリックになりそうです。

カボチャを育て始めました。苗を植えてすでに1メートルほどにはい始めており黄色い花をつけています。実になるのはいつくらいかな〜。育てるって、良いね!株もスクスク育って欲しいもんだ。

2017年5月26日金曜日

税金

こんにちは。bloggerアメストです。

自動車税と固定資産税の季節がやってきました。車検も絡んで出費が多い。。。

マンチェスター

こんにちは。bloggerアメストです。

マンチェスターの事件ひどいですね。テロには屈して欲しくはないが、メイ首相もう少し総選挙やりにくいかもしれないですね。

2017年5月24日水曜日

景気浮揚のために

こんにちは。bloggerアメストです。

働き方改革はいいと思うんですが、給料減るのはどうも生産性アップを実感できませんね。正社員という考え方も緩和してもっと労働分配率が上がる社会にしてかないと景気は良くならないですね。企業の最大の社会的責任は給料を増やせるように努力することです。そういう意味で役員報酬のアメリカ化は、社会が良くならんですよ。社会主義はどうかと思うけど。内部留保は、株主還元より社員に払うべきですね。配当再投資は長い目で見れば、企業の従業員のモティベーションが上がらないと企業価値が上がらないですから成立しないと思います。働き甲斐向上は給料が一番効果あり!

2017年5月23日火曜日

クラリアントお前もか

こんにちは。bloggerアメストです。

独化学会社クラリアントが米化学会社ハンツマンを買収することを発表しました。かなり最近化学業界は合従連衡していますが、ここへきてまた出た〜〜という感じ。日本勢は大丈夫でしょうか。中国化学会社の草刈場にならないことを祈るのみです。

こんにちは。bloggerアメストです。

米国株やら日本株やら買っている訳ですが株という訳語をstockに当てた人はすごいですね。社会に企業が根が張る様が株っぽいし。ずっと残っているという原意があるみたいですね。

2017年5月21日日曜日

CVRエナジーから配当あり

こんにちは。bloggerアメストです。

CVRエナジーから配当が入りました。配当利回り9%以上ということでかなりインパクトがあります。エネルギー系の卸企業で窒素肥料もやっています。私の肥料四天王の一角ですね。またどこかで買いたいなー。

2017年5月20日土曜日

ナショナルグリッドに追加投資

こんにちは。bloggerアメストです。

最近配当がトントンと入ってきたのでNGGナショナルグリッドに配当再投資しました。コツコツ行きますよ〜。最近やっとシンゴジラをビデオで見ました。やっぱりゴジラは破壊王ですね。

2017年5月18日木曜日

アドセンス登録までの奮闘記

こんにちは。bloggerアメストです。

このgoogleさんのbloggerを借りて表現の場を持てて感謝してます。
そんな私もついにアドセンスを承認していただけました。

結局何が承認の決め手になったかイマイチわかっていません。当初5記事くらいでもいけるぞーと情報がネットで多数あったのでトライ。モノの数日で撃沈しました。
内容がプアだからもっとしっかり書けと叱咤されました。そこで改善。行間を開けたりしない。リンクをむやみに張らない。ポリシーをしっかり入れる。見出しを付ける。ひと月に一回のペースでトライしましたが轟沈。こころが折れました。

それでもプーと書いていましたが、どうも細切れすぎるのも自分でも何が書いてきたか分かりにくいので、まとめていくことにしました。そこでやっと15記事を超え1記事も1000字を超えてるくるようになりました。何やかやで、半年も経過。どうせダメなんだろうなと思ってトライしたところ忘れた頃に承認!
以前、なんかバグで承認ぽい感じになったことがあったので用心したのですが、やっぱり承認。良かったー。1000字以上を15記事は必要そうですね。

私のような弱小bloggerを認めてくれたgoogleさんに感謝しつつ記事を書こうと思います。
奮闘感伝わらないね。今後もう少しブラッシュアップし再掲します。

2017年5月17日水曜日

AIの生産性って高い必要あるのか?

こんにちは。bloggerアメストです。

AIによって置換される仕事が多数あると言われてます。人間どんなに能力が高い人でも週70〜100時間程度の労働がやっとでしょうか。AIは24時間戦えちゃうので24時間✖️7=168時間となるので電力が続けば、およそ半分の生産性でいいことになる。割ともうそれくらいにはなってるんだろうか?職場でワトソンとか使って見たいな〜。でもAIは組織化してないからまだまだいけると思うが、どうだろうか。

ビッグデータから相関性出すなんか利用したいですね。人間見たいようにデータを見てしまう時があるからね。

飛ぶクルマ

こんにちは。bloggerアメストです。

トヨタさんの飛ぶクルマの話、新聞報道を読んで当初スゲーなーと思ったんですが、
だんだん違和感が。。。3年で4000万では試作機作れるんだろうか?来年アメリカのベンチャーが製品化予定とくるとむしろネガティブニュースのように思ってしまった。おもしろいなーと思ったら、ポーンとお金が出せるようになりたいですねー。

でもベンチャーってお金が先なのか?技術が先なのか?よくわからない時がある。ジョブズとヴォズニアックの関係を見てるとむしろ人なのかなー、とも思う。結局、運かー!

2017年5月15日月曜日

香料

こんにちは。bloggerアメストです。

化学品で欠かせない香料会社に投資しようと探索していたら、international flavors & fragrance inc が引っかかりました。が、株価水準が高く配当利回りが2%を切ってしまっています。残念。これなら米国債に投資した方がいいでしょう。下落時に仕込もうと思いました。

2017年5月12日金曜日

資本家と資産家

こんにちは。bloggerアメストです。

投資を始めて十余年。実績が上がらず米国株の配当再投資にたどり着いたわけだが、運良く実績を積み上げて資産家になれたとして、その先はどうしたいのか?老後の資産を築くのは大事だが、それだけなのもつまらん了見な気がしてきました。ソフトバンクの孫さんは一代であそこまで行ったのをみると資産家と資本家の違いは大きいなぁと思ってしまう。身に余るほどの富を手にした時、こういう事業をしてみたいというのがあるのは素晴らしいですね。まー膨らませてから、もしくは膨らんできたら考えますかね。取り越し苦労だなぁ。

統計検定

こんにちは。bloggerアメストです。

統計をもっと利用できるようになりたいな〜。株でも仕事でも、統計検定に向けて勉強を開始することにしました。とりあえず4級から目指すぞー

2017年5月11日木曜日

締切というやつは

こんにちは。bloggerアメストです。

締切というやつはすごいドライビングフォースを持っていますね。やりたくない仕事もやってしまう。人間は締切に弱いです。権利落ち日って聞くといらん株まで買ってしまう。気を付けないとなー。

2017年4月29日土曜日

石炭火力

こんにちは。bloggerアメストです。

グラノラ170409

先日日清食品がグラノラの新作を出してきました。グラノラの市場がどんどん広がっています。私が朝食をグラノラに切り替えたきっかけは、故人の高倉健さんがテレビで朝食にグラノラにヨーグルトをかけて、さらにプルーンのジャムをつけて召し上がっていたのを見たことです。へ〜、こんなのあるんだと試して見たところ、それまで食べていた玄米フレークよりかなり良い塩梅です。元々はゴハン党でしたがね。

それ以来、朝食はケロッグのグラノラにヨーグルトがけです。プルーンは飽きが来てやめました。最近市場が急拡大しているため、スーパーのグラノラ棚はえらいことになっています。昔ながらのコーンフレークの占有面積は激減。グラノラもケロッグが多品種展開するところにカルビーや日清が攻勢をかけており仁義なき戦いが始まっています。

グラノラ良いっすよ。

景気の兆し170319

景気不景気の兆しが見えたら此れ程良いものはない。女性の眉が太くなったり、髪がロング系が流行りだすと景気過熱感が出てくると言われますね。最近はその傾向がありますね。

タレントでいうとルー大柴さんがブラウン管に出ると景気の底入れで本格浮揚の兆しと判断しています。これは当たります。でも如何せん。落ち込みの時ははわからない。リーマンショックの時もそうだが、サブプライムの加熱を察した時はある意味終わりの始まりかもしれませんね。

でも、テレビや新聞でこの人が出たら不景気だっていう人がいたらいたですごい人かも。

最近ハマっているブログ170318

最近ハマっているブログがあります。「銀行員hanakoの米国株」です。
Hanako さんのアメリカ生活が綴られているんですが、語り口がおもしろくなかなかです。
YouTubeの方もやっているようで、そちらも面白い。hanako さんの波瀾万丈です。

虎の子 170314

虎穴に入らずんば虎子を得ずと言いますが、東芝さんは虎の子何頭いるんでしょう。キヤノンに売却した東芝メディカル、フラッシュメモリーの半導体事業、そして週末に報道のあった東芝テック。東芝テックはPOS事業以外にも事務機も抱えているから、ホンハイはシャープの事務機事業とくっつける意味もあって興味があるのかもしれないですね。
いずれの会社や事業もコストダウンをしっかりやればまだまだ利益をどんどん出せるところばかりでしょう。
すでに三頭の虎の子を手放そうとしています。所属する社員さんの行く末を考えるとポジティブに捉えることができますが、決算を出せない状態を考えると心配です。

東大文I,理III廃止論 170312

この時期になると国公立大学の発表もあり、代表的な形で東大合格者ランキングなどが発表されますね。受験生の方々はこの寒い時期にモチベーションを保つのは難しいと思いますが、合格者の方は、おめでとうございます。

でも、東大を日本の頭脳を集めて振り分ける場とすると、非常に不安を感じます。文系は法学部に進学する文1、理系は理IIIに中でも優秀な学生が集まり凌ぎを削ります。明治期の帝国大学時代から官僚養成学校の性格が強いので法学部が重要視されたのは分かります。どの政策を実行するにも法体系が必要ですから。でも日本は経済立国していくなら経済論文の一本二本を書いているような人が財務官僚になってくれないと困りますね。

また、科学技術の中で医学に優秀な人材が吸われすぎているのはどうなのかなーと。臨床医であれば、人間的な要素も不可分なのでメディカルスクールのような形で、東大以外も学部からは学生を取らなくてもいいと思っています。日本が科学技術立国を継続していくことを考えると医系人材に偏重するのもどうかと思います。研究による平均寿命の伸びよりクオリティオブライフを上げる方が大切ですしね。

私の考える東大改革は、文1、理IIIを廃止して、大学院からロースクール、メディカルスクールの形で他大学の学生も合わせて自由競争させ、学生を採用することです。そうすることで、最高学府に入学する人間が、文Ⅱの経済学部、理Ⅰや理IIの理学部、工学部系に流れることになると思います。

利上げすんのかい。せんのかい。170308

FOMCのブラックアウト期間が長めになり、利上げ観測期間が長くなりましたね。連銀総裁たちも含め、関係者は真剣に議論し結論を出すんでしょうが、もう腹は決まっているのに勿体をつけてる感じは権威を高める効果を狙ってるんですかね。いわゆるアナウンス効果でしょうか。狙ってなくてもこれだけ周りが騒げば権威付けされてしまいますね。

どうでもいい話170307

先日チャンネル回しの末に奪いあい冬の最終回を見ました。いやーなんかよく分からんけど最後まで見てもうた。おさむさんは、ガンダムのめぐり合い宇宙(ソラ)という映画にインスパイアされて表題をつけたんだろうか。なんか語呂がそっくり。内容は全然違うけどね。あーどうでもいい話でした。。。

石炭火力 170302

本日日経の一面にアンモニアを混合することで、石炭火力の燃焼効率を上げて発電単価を下げるとありました。CO2の排出も抑えられると。私このブログで何度か取り上げましたがアンモニアは、ハーバーボッシュ法で高温高圧でしか製造できません。相当技術革新が進まない限り、安価なアンモニア製造はあり得ません。トータルで見たらCO2も増えます。
ほんと局地エコ主義を根絶して欲しい。

2017年2月1日水曜日

エコカーってエコかー?

こんにちは。bloggerアメストです。

ソニーを作ったのは誰だ 170228

私も技術屋さんなので、アップルやソニーとか好きです。でも、世の中に知られているジョブスのような人以外に割と知られていない人がいるような気がします。ソニーの歴代社長で最もすごい人は、故岩間和夫さんだと思っています。井深が見つけ、岩間が作り、盛田が売ったと語られ、ソニー第三の創業者と評されています。CCDの開発を主導したのも、岩間和夫さんです。
CCDは今のソニーの屋台骨でしょう。岩間さんのお墓にはCCDが埋め込まれいるそうです。技術屋冥利につきますね。技術マネジメントがすごいっす。

ヤマト絞りました 170223

一部新聞報道でヤマト運輸が物流の総量抑制を図ると伝えています。このブログでも取り上げました。やっぱり最後は人が運ぶしね〜〜と。どうもeコマースのボトルネックは物流にあると思います。今後のロジスティックと小売の綱引きがどうなるか注目ですね。どちらが主導かによって、業界再編の仕方も変化しますしね。

電子立国日本の自叙伝 170215

東芝さんの半導体事業が分社化され過半の株式が売却される可能性が出てきたということで、日本の半導体産業も大きな曲がり角に来たと言えるでしょう。私はどちらかというと高分子や錯体をやって来た化け屋さんなので、半導体は教科書レベルしかわかりません。でも、半導体については20年くらい前に非常に良いテレビ番組がありました。NHKスペシャルで全6回放映された『電子立国 日本の自叙伝』です。
相田洋ディレクターと三宅アナウンサーに軽妙な語り口で半導体の基礎から非常にわかりやすくまとまっています。半導体は何か?なぜシリコンが使われるのか?なぜ半導体がこれほど普及したか?この番組を見るまでトランジスタさえ知りませんでした。当時のアメリカと日本の技術者の凌ぎのけづり合いが凄い刺激的です。ソニーが、その社名の由来になったトランジスタラジオを発明したくだりや、江崎玲於奈さんがトンネル効果を発見したところもわかりやすかった記憶があります。毎回首を長くして放映日を待っていました。

ところで、20年近くたって最近半導体の良書に出くわしました。私は、学術書を読む気が起こらないけど文芸書に行ってしまうのはなー、という時にブルーバックスを読みます。その中でこれは良いと思ったのが、青色発光ダイオードの発明に関するノーベル賞受賞者の天野さんが記したブルーバックスです。非常にわかりやすい。当時の日亜化学の中村さんとの競争も生々しく描かれています。面白かったです。難しいことをわかりやすく伝えることは技術なんですね。

BHPビリトン売却 170214

BHPビリトンを売却することにしました。インカムゲイナーとしては思い入れて購入した株を手放すのは辛いですが、資産効率の観点から致し方ありません。配当利回りが低下している株を放置するには、小型インカムゲイナーの私としては余裕がありません。同じく鉄鉱石株ということで、リオティントを購入対象に考えています。権利確定日も近いのが魅力的ですし配当利回りも5%近辺ということで申し分ありません。ヴァーレも少し考えましたが、ビリトンよりもまずい!

三権分立 170213

アメリカ控訴裁が大統領令を二回却下しましたね。三権分立が機能していて羨ましいです。正直1票の格差にいつまでも是正判決を下さない日本の最高裁よりは素晴らしくマシです。
でも大統領令の効果はだいぶ疑問符です。第三国を迂回できるし、故ビンラディンはサウジアラビア人でしたよね。友好国のサウジアラビアやトルコから来られたらテロリストは排除できないです。

エコカーってエコかー?170201

人工光合成の本やサイトを読み漁っているうちに水素社会がやって来ることに懐疑的だった自分の考え方が少しづつ変化してきました。
現在、化石燃料は多くの内燃機関で使われています。マツダのスカイアクティブのように燃費効率を上げていく努力はすべきでしょう。しかし、それにも限界があります。リッター50キロという見解もあるようです。これもすごいですが。
また、ハイブリッド車もあくまで過渡期の乗り物なんですね。
以前投稿しましたがリチウムイオン電池は、資源も限られていますし、製造に使われるエネルギーはかなり大きいと思います。コストと二酸化炭素排出量がリンクしているとするとあまりペイしていない。10年燃料費先払いという感じでしょう。エンジン周りで二酸化炭素を出すか、火力発電所で出すかの違いだけです。火力発電所で出す場合でも、火力のタービンの効率が40%、送電時のロスを考えるとガソリンを運んできてエンジンをふかすのと多分トントンです。しかも車載用のリチウムイオン電池は最近やっとリサイクルが始まったようです。ってハイブリッド転がしてますけど私は。。。時代の波には乗ってしまうタイプなんでね。
火力に代替されうると考えられた原子力も、福島やチェルノブイリのような事故でなくても高速増殖炉もんじゅの廃炉費用を見ているとトータルでペイしません。
よって自然エネルギーをなんとか保存できるような形が必要です。しかし、太陽光発電は保存ができません。水を溜めたり、重油を保存したりするようにはうまくいきません。

そこで人工光合成が出てきます。光合成は空気中の二酸化炭素と水から酸素と有機物を光のエネルギーを利用して取り出す反応です。人工光合成は水から水素あるいは有機物、そして酸素を取り出せます。人工光合成は、太陽光から水素をクリーンに発生させる最適な方法だと思うのです。
水素社会は3段階で進展すると思います。

1、化石燃料を改質して水素を取り出す。
2、太陽光発電のエネルギーで水を電気分解して水素と酸素を取り出す。
3、光触媒で水から水素や有機物、および酸素を取り出す。

2、3は同じように見えますが大きく違います。2は間接的な太陽光の利用、3は、直接的です。水素ステーションができていますが、水素は取り扱いに難があります。爆発下限界が低く、80MPa近い圧力で給ガスします。まー安全は確保されていますけど、そこで先ほどあげた有機物が問題になってきます。具体的には蟻酸とアンモニアです。誤解を承知で言いますが、蟻酸は水素と二酸化炭素からでき、アンモニアは水素と窒素から作られます。蟻酸やアンモニアから水素を取り出すことは技術ができてきています。また光触媒を使った蟻酸の作製は豊田中央研究所が達成し、アンモニアは北大のグループが成功しています。光のエネルギーの利用効率を表す変換効率はまだまだ低いですが、日本がトップランナーであることは間違いありません。

人工光合成をやるくらいなら植物植えた方が早いという議論を展開する方もいます。しかし、人工光合成は、現在のガソリンのようなイメージの扱いやすい形で、水素社会を迎えるには必要な技術です。あと4、5年すると投資対象になる企業も出て来るでしょう。

コンビニのボトルネック 170202

ローソンが、セブンイレブンとファミマに出店数を同等にすべく頑張るそうです。確かに私の住まいの近くも知ってるだけで5店くらい出店します。三社が各2万店近くということで、6万店となると雇用を確保するのが大変そう。バイトも確保しにくそうです。この働き方改革が国を挙げて主導する中で24時間営業するのもすごい逆行感も出てきそうです。コンビニを維持するために移民を受け入れるのも妙ですしね。さらに業界再編が進みそうな気がします。

そろそろマイナス金利解除?

日銀政策決定会合はマイナス金利は維持でしたね。昨日付のカブドットコム投資情報局の例の河合さんが次回の日銀政策決定会合はマイナス金利解除も視野に入ることを議論していました。2/10の日米首脳会談で為替操作を非難したトランプ大統領に対して成果を見せる必要があるのではないかという推論です。確かに日銀のマイナス金利政策は、若干効果が疑問視されている中で、交渉のカードとして変更されるのは割と日銀も受け入れやすいかもしれないですね。どのみちしばらく円高側には振れそうですしね。100円は切らないと思いますが、結構進むかもしれませんね。3月の次回政策決定会合は興味深くなってきました。

AIは雇用を食うのか?やっぱり人が運ぶんだ!170204

AIが普及するとなくなる職種があるということが喧伝されていてビビってしまいますが、本当なんでしょうか?

単純な入力作業や高度な計算作業は置き換わっていくと思うのですが、多くの職種は生き残り、また新たな職種ができるでしょう。人類の歴史は職種製造の歴史にも思われます。

電信や電話ができたときは、飛脚などはなくなったし、車ができたときも馭者は職を失っていきました。当時の飛脚や馭者にインタビューしたら、転職大変なんだぜーと言われそうですが、10年くらいのスパンで移転していくのだと思います。

私はITが進展すればするほどサービス部門の人手は減らないように思います。アマゾンなどのeコマースが普及して物流量は激増しているようで、物流業者は再配達などでパンクする可能性も示唆されています。物流のキャパが律速です。

自動運転などが課題解決のサポートはしてくれるでしょうが、最終的には人が面倒を見ないといけないところは増えるでしょう。なぜなら人は責任を取らせたい生き物だからです。荷物を預けたら、無くさない責任を持ってくれることが物流の信頼感を支えています。ドローンなどの無人輸送技術はすごいですが、上記の観点だと無人は物流には向いていないと思います。ドローン狩りする輩が出るかもしれんです。やはり傍に人がいる安心感はサービスとしてほしい。

小売りもそうでしょう。物流がパンクするくらいなら、店舗販売は消費者がセルフで無駄なく輸送するわけですから環境にはいいです。消費のシズル感も出せるのは店舗です。小売りのアピールポイントになるはずです。
また、物流のこれ以上の低コスト化も難しいとなると何か工夫をしないといけないですね。再配達の輸送距離は地球何周分にもなるから。

この先は、アメリカのような広大な地域では、eコマースと物流が近よる企業の合従連衡が始まり、日本のような狭い地域でサービスが展開される場合は、コンビニと物流企業の系列化も始まる可能性があります。何れにしても物流企業がスケールメリットを生かさない限りはIT企業か小売業に吸収されてしまう可能性が高まりそうです。

AIが会社の資料を作ってくれる日も近い?そしたらみんなAIの管理職になれますね。部下一人つくみたいなものです。

罪の声来ましたねー。170206

以前このプログでも取り上げた塩田武士さんの罪の声が本屋大賞にノミネートされてましたね。かなり面白かったので、さもありなんと言ったところですが、大賞に輝くと二段ロケット発射!ってなるといいですね。著者の違う作品も読みたくなって来ましたねー、実写化されるかもしれんですね。大分ディープな内容ですけどね。
ましたよ。

デカフェ  170207

私無類のコーヒーのみである。最近買ったものでこいつはすごいと思ったのはドルチェグスト。ネスレさんの消耗品ビジネスにどっぷりハマっています。

しかし、最近カフェイン過剰摂取で亡くなられる方も居て、我が身もあぶないのーと思い、カフェインレスコーヒーを飲み始めました。カフェインレスコーヒーは少し高いですね。これもネスカフェです。ネスレさんに上納しすぎてますな。

化け屋さんとしては、カフェインをどのように抽出しているか知りたくなってWikiるどころか特許まで結構調べちゃいました。1974年位にドイツのHAG社が抽出に成功し、その後色々な方法がとられていて今は超臨界二酸化炭素や液体二酸化炭素が使われているようです。有機溶剤は風味も落ちるし体に良くないですが、二酸化炭素は液化も気化も自由自在ですからね。有望です。ネスレさんは自分では抽出していないようです。特許出してないだけかな。

最近、恐れているのはタバコの次のターゲットはコーヒーにならないかということ。他人には迷惑をかけてないが、身体には良くないということで、どーもやな感じがしますねー。身体にはいいって学説もあるようですが、コーヒー五杯くらいって表現でマグカップの大きさで変わるやんかー。もう少し定量的にならんのと思ってしまう。課税されないといいけど。本当課税されたらコーヒー党作って打って出るしかない!

球辞苑 170207

最近、野球番組でハマってるのがあります。

その名も球辞苑。

BSプレミアムでやっています。野球の用語を深く掘り下げる1時間番組です。例えばインハイ、ファウルなどなどを深〜い感じに掘り下げるのです。これを見ると野球って奥深すぎませんと思うのと。プロはちょっとした差にこだわっているんだなと感じます。神はディテールに宿ると言いますが、まさに至言。あと広島ファンとしては、司会がチュートリアルの徳井さんというのも支持する理由ですね。広島の選手よく出てきます。先週末は、球持ちでした。まだ観てないので楽しみだ。

ブログのネタ 170209

ブログを書き始めてからというもの。なんか書くようなことあるかなーと思ったりもして。別に締め切りもないのに締め切り前の小説家ってしんどいだろうなーと想像してしまいます。以前谷村新司さんが、歌の生まれるときは、どんなときですか、と問われて、歌詞はお通じみたいなもんだから待ってるしかないんだよね〜的なことを言っていて、そんなもんかーとそのときは思っていました。そうなんです。別になーんも書きたくないときは書かなくてもいいんですから、私もプーッと待つことにしましたよ。

声色 170210

人の親は、我が子の泣き声がわかると言いますが、歌手でもこの人の声はすぐにわかるという人いますよね。先日魔女の宅急便を観る機会があり、オープニングとエンディングがユーミンの曲なんですが、まー声に特徴ありますよね。ルージュの伝言とやさしさに包まれていい曲ですなー。。。ダウンロードしようとしたら見当たらない。Whyなぜに!でも思うのです。歌手は歌の上手い下手よりも声だと。

浜松 170211

昨日の日経で豊田佐吉氏を取り上げてましたね。以前私も浜松に行った時に豊田佐吉記念館を訪れました。障子を開けてみよ。外は広いぞ。エンジニア魂を揺さぶる一言です。でも浜松は、スズキ王国ですね。ホンダやトヨタ、ヤマハなどあの地帯から数多くのメーカーが輩出されていることはすごいと思います。訪れて思ったのは、気候が温暖で開放的な雰囲気であること。

2017年1月31日火曜日

1月-2月の投資活動

こんにちは。bloggerアメストです。

アストラ!ゼネカ!170207


権利確定日が近いエクソンとユニリーバ新規購入しました。
同様に権利確定日が近いもので、アストラゼネカを新規購入しました。配当利回り5.0%ということです。イギリスのICIの医薬品部門のゼネカとスウェーデンのアストラが合併した会社で、ガン治療薬イレッサで知られています。ヨーロッパ株ということで株価位置も低いですね。
今後も良ければ、買い増ししたいと考えています。しかし、アストラゼネカという響き、なんかウルトラマン的なものを想起してしまう。。。ある意味イギリス関連株とも言えますね。

RMCFロッキーマウンテンチョコレートファクトリー 170204


以前から気になっている銘柄があってずっとマークしている。
その名は

ロッキーマウンテンチョコレートファクトリー

気になってしょうがない。
配当利回りは4.34%で時価総額は63Mドルくらいです。日本でも大阪の阪急に店があるようです。32番街にあるらしいんだが、あったけなー。できればチョコレートを食べてから投資判断したいが、見切り発車の可能性も高そうだ。株価も10ドルを挟んでプラスマイナス1ドルくらいです。買いごろですなー。2月の投資対象の急先鋒です。

1月の投資活動

今月の購入した銘柄です。

CVI

CVRエナジーです。配当利回り8.6%。時価総額1.96B$硝酸アンモニウムなどを製造しているので窒素肥料系の会社です。ちょっとギャンブルかもしれません。

GSK

グラクソスミスクライン。言わずと知れたワクチンの雄。配当利回り4.8%。時価総額95.8B$。権利確定日から配当支払日まで少し時間がかかります。またADRなので手数料がちと取られます。

HSBC

頑張れ香港上海銀行!配当利回り4.67%。時価総額が168B$。

NGG

ナショナルグリッド。イギリス~アメリカをまたにかけた電力ガス会社です。配当利回りは5.2%。時価総額が43.3B$。この銘柄は必ず買おうと思っていたので良かったです。これもADRですね。

1月の配当

HPQ

ヒューレットパッカードインクの方。プリンターが主力。ゼロックスにも投資していますが、この業界はまだまだいけるでしょう。配当利回り3.6%。時価総額25.3B$。

TUP

タッパーウェアブランズ。タッパーですよタッパー。配当利回り4.7%。時価総額3B$。なくならないでほしい。何処かで買い増したいと考えています。

GPS

ギャップ。まだまだいけるはず。伸び悩んでいますが、服飾系一銘柄持っときたかったのでこれで、配当利回り4.1%。時価総額8.8B$。

GE

ゼネラルエレクトリック。いつも稼がせていただいてます。

今月は自分的には満足です。

センター試験

受験シーズン真っ只中です。センター試験の時期はいつも新聞に掲載されたものを少し解いてみようかと思います。まー二、三日するとそういう衝動は無くなりますが、私も若かりし時、受けましたが、化学は満点でした。(まー今となってはどうでもいいことですがね)でも現代人なのに現代文が苦手でしたね。漢文が好きだったので中国語が好きになる伏線だったかもしれません。でも、この寒い時期はやめた方がいいと思うのです。いつも。10月くらいじゃダメなんですかねー。
しかし、この歳になると二日間も試験で机にずっと向かう根気がないですね。受験生頑張れ‼︎

ポッドキャスト

いくつかポッドキャストで投資関連の情報を聞いています。カブドットコム証券のやっている「こちカブ〜こちらカブドットコム投資情報室」は良く聞いています。日替わりでコメンテーターが変わるのですが、この間の河合さんはすごかった。2016年の年始に年間の十大経済事件を予測しているのですが、2017年に入り実際あっていたかおさらいしたのです。で、「トランプ大統領誕生」「ブレグジット」「FRB利上げ一回」の3つを的中させておりビックリ。正直すげ〜と思いました。

2017年1月23日月曜日

メイ首相グッジョブ

メイ首相グッジョブ

メイ首相がEU経済域からの完全脱退を目指すことを表明しました。でも、アメリカやEUも含めた他の地域との自由貿易協定の提携は目指すということで、個人的見解としては良い方向に持っていくなーと思いました。EUの理念は素晴らしいですが、やはり国や民族の既得権の前にはまだまだやることがあるのだと思いました。
ブレグジットやトランプ大統領選出の動きは、グローバル化の修正の一面が強いと思います。一部に保護主義の復活だと指摘する向きもありますが、世界大戦前のスターリングブロックを代表とするようなブロック経済の進展とは趣きを異にしていると思います。
自由貿易体制が理想なのはわかっている。でもさー食えなくなっちゃねーということなのではないでしょうか。よってビジネスライクなトランプ大統領はNAFTAやTPPも個別で提携した方がアメリカには良いようにいくということなのでしょう。
ある意味、イギリスもアメリカも日本の外交姿勢に近い立場をとるということになりますよね。例えば、日本では、車や家電は自由貿易したいけど農産物は関税で守りたい。移民は許容範囲で受け入れたい。ならしてみると自由貿易圏賛成ということになります。
でもその実行者の選択が、誰が良かったかということが問題なのだと思います。トランプ大統領だと角が立ちすぎて進まない可能性が高いですね。でもイギリスにはメイ首相がいる。彼女は内務大臣経験者ということで仕事もできます。やはり真の改革者は、私は改革者ですよ〜と言っては出てこないものです。ユリウスカエサルにしてもしかり、いつの間にか改革をすることが抵抗勢力を封じることになるのでしょう。

メキシコってどう?

トランプラリーで割りを食ったところはどこかと考えた時に思いつくのはメキシコ。メキシコに投資できないか考えています。ADRは14銘柄ほどあるようです。配当利回りが不明瞭なものが多いので、ETFも視野に入れた方がいいかもしれない。EWWはishares のETFが候補になるが、低配当なので、キャピタルゲイン狙いになりますなー。微妙だ。これならドルのMMFの方がいいな。考え中です。

通貨を考える

いよいよせまるトランプ大統領就任式ですが、どのようになるのでしょうか。最近巷では、仮想通貨が取り上げられています。ドルで持つよりもいいとかも言われているようです。某銀行はかなり危機感を持っているとか。
私は、投機対象にはなるかもしれないが投資対象にはならないと思っています。通貨と見ても決済手段とみても中途半端な気がしてなりません。通貨であれば、信用の裏付けが必要です。金本位制の時は、金だったわけですが、ペーパーマネーの時代は国の信用です。日本銀行券は国の債務の手形です。お金を刷れば、日銀の債務が増えるのです。仮想通貨の発行主体にそこまでの信用を超えるところはないので、主要な通貨に対してバスケットしているだけだと思うのです。また決済手段としてですが、私にはスイカやTポイントカードの方が流動性が高いと思います。クレジットカードやデビットカードもありますしね。なぜそこまで騒がれているのか分からんのです。海外に送金をする人には有効なんですかね。

イギリス関連株

最近、イギリス関連株を調べていますが、高配当利回りという縛りが入るとなかなか選択が難しいです。今考えているのは、ナショナルグリッドNGGとグラクソスミスクラインGSKです。この二社は株価が低位で買いごろ感も高いですし、配当利回りはNGG5.21%、GSK4.78%です。かなり良さそうですね。早速購入しました。

2017年1月2日月曜日

新年早々の投資基準

こんにちは。bloggerアメストです。

一年の計は元旦にありということです。新年ということで改めて今日は私の銘柄選択基準について書きたいと思います。インカムゲイナーたちは、それぞれの投資基準があると思います。

基準1自分の身直にある商品もしくは自分の生涯でなんらかの関わりがあるものを扱っている企業さんを選ぶ。

私ですと普段使っていて使いやすい日用品を作っているメーカーですかね。車にもよく乗るので自動車メーカーやエネルギー関係の企業も対象ですね。また、仕事が化学系なので化学メーカーや化成品を扱っているところもある程度事業の将来性が推測できるので投資対象になります。

基準2財務状態が良いところを選ぶ。

配当の原資は純資産の利益剰余金になりますので、できるだけ自己資本比率が高いところがいいです。自己資本比率50%は欲しいですね。ちなみに負債が全くないところは慎重です。新規の投資をチャレンジする場合やM&Aに乗り出す場合、借金をしてでも達成する必要があるからです。今回のAT&Tのような場合は自己資本比率が下がっていても対象になると思います。


基準3競合が少ないところもしくは差別化できているところを選ぶ。

寡占や独占が進んでいる企業は狙い目ではないでしょうか。その状態で業界が維持されるかは別ですがね。

基準4少なくとも5期以上黒字を出し続けているところを選ぶ。

黒字が恒常的でないと結構厳しいですよね。そういう意味では逸脱してる銘柄はちょっとギャンブル的になっているということでしょうか。

基準5事業規模にはこだわらず選ぶ。

小さくてもいい、たくましく配当を出してくれ!ということで売上高にはこだわらないです。

基準6再投資するときは、権利確定日が近い企業を選ぶ。

同等の利回り、評価であれば複利効果を早く出したいので、権利確定日はお早めに。

基準7とくにこだわらなければ小型株を選ぶ。

キャピタルゲイン狙い時代の感覚ですが、小型株の方がボラリティは大きそう。

まとめ

いずれも、当たり前というものかもしれませんが、大体、今はこのような基準です。インカムゲイン戦略に投資姿勢を変えてから、大きく変化した点は株価よりも配当利回りと権利落ち日を気にするように成ったことです。配当利回りはすぐ分かるのですが、権利落ち日の確定情報がなかなかわかりにくい。今はマネックス証券さんのThe streetのページを使っています。非常に助かっています。

今年もインカムゲイン頑張るぞ!